山椒の会 伝言板「かきかき」

出版伏流水「山椒の会」のメンバーおよびその周辺の人たちが書きたいことを気ままに書いてゆきます。よろしかったら、お付き合い下さい。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
できたての本、あげる
 「おおっ、こんなになったの? すごい!」

 先に試読してもらった男の子に、できたばかりの本をプレゼントした。前のは校正用のコピーをクリップで留めただけだったし、表紙もモノクロのコピーで本の体裁になっていなかった。それだけに驚いた様子である。

 乱暴に扱われても傷まないよう、ハードカバーに糸かがりの本格的な製本。もちろん、表紙はカラーである。当初は本文もカラーを考えたが、費用の面からあきらめざるを得なかった。

 「おじいさん、出版社の人? 本を作っているの?」
 「おじいさんはないぞ。おじさんくらいにしてもらえないかなあ」
 「だってうちのおじいちゃん、もっと若いよ。64だもん」

 自分で「ジジイ」と言ってはいるが、人から「おじいさん」と言われると身に応える。しかし、いまは75にもなってしまったもんなあ。前は「びみょー」との感想だったが、出来上がった本で読んでもらうとどうなるのか。
- | 05:48 | - | - | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.