山椒の会 伝言板「かきかき」

出版伏流水「山椒の会」のメンバーおよびその周辺の人たちが書きたいことを気ままに書いてゆきます。よろしかったら、お付き合い下さい。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
同じ釜の飯? 戦友の絆
 ヤフオクに「伊呂波会」だとか「磯子会」などの機関誌を何点かアップした。これらは自費出版による同人誌のようなもので、アマゾンには出品できない。逆に、だからこそヤフオクでは売り物になるような気もする。

 それにしても、こうした戦友たちの会は年老いてもなお続いている。戦争の思い出は決していいものではなかったはずだろうが、だれもが当時のことを生き生きと書き、また、その結束力の強さにも感心させられる。これはどうしてなのだろう。

 若いかけがえのない青春時代のことだったからか。お国のためにひたむきに生きた純粋さから来ているのか。もちろん亡くなった戦友の慰霊も大きかろうが、果たして軍隊生活がそんなに楽しいものだったのか。

 現実はむしろ逆で、生命すら危ぶまれ、苦しい生活に耐え、いじめなどもあったことだろう。中にはそうしたことを書いている人もいないではない。しかし、掲載されている文章のほとんどは明るいものが多く、それらは時の流れとともに浄化された結果なのかとも思えてくる

 さて、出品したものの、入札者はあるのだろうか。いま若い人の間で海軍がブームらしいが、戦争を知らない彼らの方にむしろ注目されたりして。ここ当分、成り行きを見守ってゆきたい。
- | 23:41 | - | - | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.